名古屋市栄の漢方専門クリニック(保険適応)。内科、皮膚科、婦人科(冷え性、不妊症)のお悩みはご相談ください。

地下鉄栄駅下車徒歩3分 三越・ラシック正面

あおやまクリニック

ホーム 診療時間・アクセス お問い合わせ 採用情報

理事長よりごあいさつ

医療法人 青雄会あおやまクリニック理事長医学博士 青山 重雄
医療法人 青雄会あおやまクリニック理事長医学博士 青山 重雄

ハートフルな心温かい医療をめざします

あおやまクリニックでは個人個人の体質や病状に合わせて、最適な漢方を選択するオーダーメイド治療をおこなっています。個人の体質に合わせてバランスを整え、免疫力や治癒力を高め、各臓器を活発化し、病気に強い体質に改善するのが漢方の目的です。診察時に四診(望診、聞診、問診、切診)をおこない処方を決めます。また必要に応じて西洋薬も使用します。漢方医学と西洋医学を合わせた統合医療をおこない最高の医療を提供いたします。検査が必要な場合には血液検査、レントゲン検査、心電図、血管年齢の測定、骨塩定量検査(超音波法)、内臓脂肪の測定、血液画像分析(血液サラサラ検査)などをおこないます。

漢方で対応できる疾患は幅広くありますのでご相談ください。そのため内科系の医師のみならず、産婦人科、小児科、耳鼻科、泌尿器科など広い分野の医師が漢方治療で病気を治します。また漢方専門医を目指す医師に対して教育指導をおこなっています。漢方薬は1歳以下の乳児から高齢者まで幅広く服用することができます。健康保険適用なので負担も軽くすみます。その他食事指導、鍼灸治療、温熱治療(香気浴)、整体、臨床心理士による心のカウンセリング、不妊カウンセリングなどもおこなっています。当院は平成15年に開院し、鍼灸温熱治療院きらら(2階)、更にあおやま第2クリニックを開院しました。職員一同思いやりの心を持って、患者さま中心の信頼されるクリニックをめざし精一杯努力していく所存です。

略歴

1981年 東京慈恵会医科大学卒業
1981 – 1982年 三重大学医学部小児科入局
1982 – 1984年 国立療養所三重病院勤務
1984 – 1985年 松阪中央総合病院勤務
1985 – 1986年 山本総合病院勤務
1986 – 1987年 国立津病院勤務
1987 – 1989年 三重大学医学部附属病院勤務
1989年 三重大学医学部大学院 修了
1989 – 1990年 三重県立一志病院小児科医長
1990 – 2002年 日本漢方医学研究所附属
名古屋診療所勤務
2003年 – あおやまクリニック開業
医療法人青雄会設立
あおやま第2クリニック開設

資格・所属学会

日本東洋医学会 専門医/
指導医/代議員
日本小児科学会 専門医
日本小児東洋医学会 評議員
若い女性の行列ができることで話題の和漢方はなぜそんなにすごいのか?
amazon 楽天ブック
温ぷく茶

医師のご紹介

あおやま第2クリニック院長 神門 宏和
あおやま第2クリニック院長 神門 宏和

自身の東洋治療受診の経験を役立てたい

医学生時代より東洋医学に興味があり、また長年患っていた慢性湿疹が漢方を含めた東洋医学にて改善した自己経験からよりのめり込むようになり、卒後は病・患者さまを総合的に診療治療するように心掛けております。
東洋医学(主に漢方医学)を通じて症状緩和・体調改善・体質改善・心身調和・健康増進になるようお手伝いしたいと考えておりますが、医学の東西にこだわらず、より良い治療を患者さまの症状・体調に合わせて対応していきたいと常日頃考えておりますので気楽な気持ちで受診して下さい。

略歴

1996年 三重大学医学部卒業
タラサ志摩診療所・
山下外科神経科にて診療
1999年 山下外科神経科勤務
2000年 かすみがうらクリニック勤務
2009年3月 あおやまクリニック勤務
2013年11月 あおやま第2クリニック 院長

資格・所属学会

日本東洋医学会
日本内科学会
医師 森 秀樹
医師 森 秀樹

心身共に健康に暮らせるお手伝い

以前は会社勤務をしておりましたが、全人的な医療である統合医療や東洋医学に従事したいと考え、医師を志しました。『黄帝内径』という医学書には、古代の人間は養生をわきまえ、百歳まで生き、死ぬまで健康に暮らしたと書かれています。私達の体の各臓腑が、私達の気づかないところで協調して働き、心身の健康を維持しようとしてくれていることは、奇跡的なことであり、ありがたいことだと思います。漢方医療は、体にやさしく作用し、生来の体質、ストレス、不摂生等により、本来の健康な状態から逸脱した私たちの心身のバランスを整え、心身の健康を回復維持するのに効果があると思います。皆様が心身共に健康に暮らせるお手伝いができるよう努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

略歴

2002年 名古屋大学医学部医学科卒業
市立四日市病院勤務勤務
2005年 岐阜県立多治見病院神経内科勤務
2006年 医療法人長白会タニクリニック勤務
(漢方外来、鍼灸担当)
2011年 桑名市民病院内科勤務
(総合内科、漢方外来担当)
2015年 医療法人青雄会あおやまクリニック勤務

資格・所属学会

日本東方医学会学術委員
Ph.D. Integral Health
医師 濱口 幸久
医師 濱口 幸久

治すことができない時でも、元気づけられるように

これまで病院勤務医として脳梗塞などの「治らない」患者さんを多く担当してきました。
脳梗塞とは脳の血管がつまって脳細胞が壊死してしまう病気ですから、将来、再生医療が実用化されるまで、西洋医学的には「治す」薬がありません。もちろん漢方薬も魔法ではありませんから、死んだ脳細胞を「治す」ことはできないのですが、漢方医学的な発想で心身全体のバランスを整え、自己治癒力を高めるような治療は可能です。脳梗塞などの「治らない」患者さんが徐々に明るく「元気」になっていく姿をたくさん診させて頂いて学んだことは、「治す」薬がなくても人間には自己治癒力(自ら「元気」になる力)が備わっているということです。この自己治癒力を高めて「元気」になれるような診療を心がけていきますので、どうぞよろしくお願いします。

略歴

1996年 滋賀医科大学医学部卒業
市立四日市病院 循環器内科勤務
1998年 厚生連愛北病院 循環器内科勤務
2003年 名古屋大学大学院 医学系研究科器官制御内科学
2006年 津島市民病院 循環器内科勤務
2008年 医療法人社団喜峰会東海記念病院 循環器科勤務
2011年 医療法人尚徳会ヨナハ総合病院 内科勤務
2016年 医療法人青雄会あおやまクリニック勤務

資格・所属学会

日本東洋医学会会員
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本医師会認定産業医
担当医師のご案内はこちら
page top