名古屋市栄の漢方専門クリニック(保険適応)。内科、皮膚科、婦人科(冷え性、不妊症)のお悩みはご相談ください。

地下鉄栄駅下車徒歩3分 三越・ラシック正面

あおやまクリニック

ホーム 診療時間・アクセス お問い合わせ 採用情報
クリニックのご案内
クリニックのご案内

漢方と西洋医学を融合した統合医療クリニックです。

医師のご紹介
医師のご紹介

各分野の専門医師が、心温かい診療を行っています。

受診のご案内
受信のご案内

再診のご予約のみWEB予約がご利用いただけます。

施設のご案内
施設のご案内

当ビル3階・6階・2階にて各専門診療を行っています。

漢方専門治療は、カラダにもココロにも優しい治療です。
  • ALL NEWS
  • あおやまクリニック
  • あおやま
    第2クリニック
2022.8.5 8月11日から18日まで夏季休暇のため休診となります。
2022.6.15 本日のNHKニュースで紹介されていました。「働く女性の『生理痛』や『更年期障害』に関する労働団体の調査で、40代以上の7割余りが更年期障害と思われる症状を感じ、2割近くが有給休暇を取って対応したことが分かりました」更年期障害の症状ー気(いらいら、落ち込み、意欲の低下)、血(月経不順、月経痛、のぼせ)、水(頭痛、めまい、むくみ)など全ての症状を、漢方薬で改善できます。有給休暇をとらなくてすみます。土曜日の午前午後診療しております。新患予約電話052-253-6220に電話をかけ、予約して来院下さい。
2022.5.26 あおやま(第2)クリニックへ通院されている患者様へ:
あなたのパートナーは、体調不良で悩んでいませんか?当院では、健康度/糖化度/内臓脂肪を測定し、体調不良の原因を探し、漢方治療・運動療法・食事指導で、体調を改善できます。パートナーの方もご来院下さい。
2021.12.14 「コロナ禍」で「小児肥満」が増えています。また一方「小児の不登校」が増えています。 両者には大きな因果関係があると考えます。小児肥満を解消し、不登校をへらしていきましょう。 漢方を使って当院で治療できます。担当医―岩間医師(火曜・金曜15:00-18:00)
2021.12.14 常勤または非常勤の医師を募集します。 漢方が好きな医師または漢方専門医取得をめざす医師は、ご連絡下さい。
2021.12.1 当院で購入できるお茶やサプリメント(麗し茶、温ぷく茶、亜鉛、Lカルニチン、ビューティー&グローリー)が、インターネット上で購入できるようになりました。上部にあるバーナーをクリックしてください。
2021.12.1 インフルエンザワクチンを当院では「予約なし」で接種できます。すぐご来院下さい。今年はまだ流行の兆しがみえませんが、日本感染症学会は「流行の恐れがある」として、インフルエンザワクチン接種を推奨しています。
2021.11.22 「健康度測定」(検査費用1000円)」を始めました。 新体組成計を使い、体脂肪率や筋肉量や基礎代謝量など12項目を精密に測定します。肥満治療に大変有効な指標となります。スリムな体型でも体脂肪率が高いと「隠れ肥満」です。患者様の体調不良は「隠れ肥満」が原因では?新体組成計で健康度を測定し、漢方薬・食事・運動で、「肥満」「隠れ肥満」を解消し、健康な体を作っていきます。
2021.11.8 NHKのニュースで『更年期ロス』が話題になりました。男女とも40歳から60歳にかけて、憂うつ感や意欲の低下、仕事でのミスなどから仕事を辞める人が約1割近くあるようです。 治療の一つとして漢方薬が有効です。是非ご来院下さい。
2021.10.25 当院の新患の初回処方日数は、薬の効果判定のため2週間とさせて頂きます。
女性の健康.com

診察ご希望の方へ事前のWEB問診にご協力ください

当院では受診前にWEBでの問診システムのご記入をお願いしております。
ご来院前に事前に問診をご記入いただきますと受付がスムーズとなりますので是非ご協力ください。

問診記入について

  • 患者様の状態を把握するための問診です。できる限り正確にお答えください。
  • WEB問診記入後、来院時に受付に「WEB問診に回答した」旨お申し出ください。
  • WEB問診システムについての詳細はこちら
担当医師表はこちら
CLINIC 初診専用予約TEL
3F あおやまクリニック 6F あおやま第2クリニック
漢方治療おすすめ
漢方治療について 漢方の診療領域 漢方の豆知識 患者さまの声
東洋医学と西洋医学との統合治療を行っております

東洋医学だけでなく、西洋医学との統合治療を行っております。内科、小児科、皮膚科、心療内科の設備も整っておりますので、体調がすぐれない時には、当クリニックまでおいでください。
西洋医学は痛みや症状を直ちに緩和する対処療法と考えられます。それに対し漢方治療は、痛みや症状の根本治療を目指す治療法です。つまり、個人の体質に合わせて、バランスを整えて免疫力や治癒力を高め、各臓器を活発化し、病気に強い体質に改善するのが漢方の目的です。
漢方では個人個人の体質や病状に合わせて、最適な漢方を選択するオーダーメード治療を行っています。
あおやまクリニックは、ハートフルな心暖かい医療をめざしています。
何でも、お気軽にご相談ください。

院長のコラムはこちら
page top